スミタイを見たい

スミタイの生い立ち

「初の地図に残る」プロジェクト

スミタイ初の開発土地分譲プロジェクト!同時に地図に残るプロジェクト。
代表である古藪が自ら企画し、立ち上げた「神奈川県海老名市」の分譲土地開発事業。
当初は建物も建ち並び何ができるのか解らなかった。
法令に基づいた開発許可を取得して、時間と費用を掛けて建物を壊し、
道路を自分達で新設してインフラ(上下水道等)整備を施す。
創業からわずか3年8ヶ月で開発プロジェクトへ挑戦・成功させる。
けして簡単なことでないのは業界内では誰もが知っている。
中古住宅リノベーション事業から土地分譲事業へ。
そして開発分譲プロジェクトまでも始動する。
この時期のこのプロジェクトは代表古藪の紛れもないビジョンの実現化への
思いが強かったからこそ成し遂げた。
お客様も喜び、社員も未来を感じられた瞬間だった。
近い将来、このプロジェクトがスミタイにとっておおきな原動力だったと
気付く日が来ることを楽しみに次なる地図に残る仕事へ挑戦する。

PAGE TOP