魅力


経営方針が明確
(企業ビジョン・経営理念・企業文化)
自分自身の目的や目標を実現する為に必要な会社(環境)か否かを正しく知っていただく事。
  • 1会社との価値観が相違する不満を未然に防げる為に限られた時間を無駄にすることがない。
  • 2多種多様の人財が集まるが価値観・労働観等の方向性が同じな為に人間関係が悪くない。
経営方針について知る >
経営方針の明確化

年功序列の排除
経営理念=ビジョンを実現する為に必要な取
組み。
  • 1若くても実力次第でどんどんキャリアアップを実現できる。
  • 2上司部下で無駄な忖度や社内営業をする必要が
    ありません。
年功序列の徹底排除

キャリアビジョン(成長年表)が明確
経営理念=ビジョンを実現する為に必要な取
組み。
  • どうしたらキャリアアップできるのかが見えないという不満が解消されます。
キャリアビジョン(成長年表)

人財採用システム
人事と現場上席と科学分析にて採用決定を行い
ます。
当事者全員(人事・上席・応募者)で責任を持ってもらう為。
  • 1当事者全員が言い訳できることがなくなり「面接・採用」の目的が向上します。
  • 2科学分析をすることで「プラス・マイナス」も発見することができます。
人財採用システム

人財研修システム
(1)応用活用できる為の根底項目の研修を行います。
(2)階層別(リーダー職、マネジメント職)の研修を行い
ます。
自ら継続的に成長できる人財を多く輩出する必要がある為。
  • 1結果が出せる理由、結果が出ない原因を明確に知ることができます。
  • 2どこにフォーカスを当ててPDCAを実践するべきかを知ることができます。
人財研修システム

部門役割・人財位置図
誰が、何を、いつまでに、どれくらい、責任を持って行うべきかが明確です。
自身の仕事に責任をしっかりと持ってもら
う為。
  • 1問題や不具合が発生した際の対応・改善スピードが早くなります。
  • 2誰かがやるだろう。などの雰囲気がなくなり
    ます。
部門役割・人財位置図の可視化

人財評価システム
四半期(3ヶ月)毎に評価・分析・面談を実施します。
経営理念=ビジョンを実現する為に必要な取
組み。
  • 1出来ている・出来ていないが正しく知れる為、次のステップに活かせます。
  • 2プロセス云々がない為、評価に対する議論や不平不満への無駄なエネルギーが不要となります。
  • 3向き・不向きを早期に知ることができます。
人財評価システム

改善成長システム
基準や指標などから外れた物事は「全て問題化し、全員が見える化」を施しています。
同じ問題を2度起きないようにする為。
  • 1個人、部門、全社的に問題を改善できます。
  • 2問題を「解消している・同じ問題を繰り返している」等の厳格な評価ができます。
  • 3プライベートに関わる事案を除き、大半の社内情報を見える化している為、噂などに惑わされる必要がありません。
人財評価システム

チーム成長システム
キャプテンを軸に全員で方針を決めて実践でき
ます。
個人力、チーム力の向上、厳格な人事評価
の為。
  • 11人で踏ん張るよりも、皆で踏ん張ることで、自身の行動も後押しされます。
  • 2問題課題の原因や不足などの発見量やスピードも向上する為に改善に向けた行動も後押しされ
    ます。
改善成長システム

仕組が明確
応用活用が伴わない業務・他部門連携要素には「マニュアル・ツール」があります。
各々の仕事に注力できるようにする為。
  • 1上司がいないと業務が進まないなどの不満が解消されます。
  • 2未知の業務でも事前に目的・道筋を確認できたり、指標から外れるシグナルを発見できます。
「仕組み」の明確化

労働環境、福利厚生、
各種制度が高い
募集要項をご参照ください。
限られた時間で最大限の結果を出すことにフォーカスできます。
  • 1限られた時間にエネルギーを注力できます。
  • 2家族・友人・恋人との時間も大切にできます。
社内イベントの様子
優れた環境の用意優れた環境の用意優れた環境の用意
優れた環境の用意

募集要項/エントリーはこちら

ENTRY