Twitter Instagram Facebook blog

世の中で頑張る成長意欲の高い人財と当社(株)スミタイを応援するために運営していきます!

世界を変えたビル・ゲイツが大切にする「5つの習慣」

アイキャッチ
スミタイ向上委員長
スミタイ向上委員長
「ビル・ゲイツという名前は知っているけど、どんな人物かよく知らない」

「世界一のビジネスマンはどんな習慣を大切にしているのだろう?」

「自分がビル・ゲイツのようになるためには、どんな要素が必要?」

ビル・ゲイツは世界の情報社会化(IT革命)に最も貢献した人物として知られ、世界長者番付では13年連続で1位を獲得する桁違いの資産家としても知られています。
今では財団を設立して社会貢献に取り組んでいますが、彼はどのようにマイクロソフトを立ち上げ、Windowsの開発に成功したのでしょうか。
今回の記事では、彼のこれまでの軌跡と成功を支えた「5つの習慣」についてご紹介していきます。

この記事でご紹介する内容は以下の3点です。

  • ビル・ゲイツのこれまでの人生
  • ビル・ゲイツが大切にしている「5つの習慣」
  • ビル・ゲイツの習慣を自分の生活に取り入れる方法

ビル・ゲイツのこれまでの人生

ビル・ゲイツのこれまでの人生

ビル・ゲイツという名前は有名ですが、どんな生い立ちで現在の地位を築き上げたのでしょうか。まずは、ゲイツの生い立ちとサクセスストーリーについてご紹介していきます。

中学生の時にコンピュータと出会い、学生時代にMicrosoftを設立

ビル・ゲイツは1955年にアメリカのシアトルで弁護士の父と教師の母がいる家庭に生まれました。IQは160といわれており、優秀な成績で小学校を卒業しました。
シアトルの中高一貫校に進学すると、学校に導入されたテレタイプ端末を使うことでコンピュータと出会い、IT企業のテスト業務やシステム開発業務を請け負うようになりました。

ハーバード大学に進学すると、世界初の「パーソナル・コンピュータ(PC)」とも呼ばれる「アルテア8800」を動かすために必要なプログラミング言語(BASICインタプリタ)の開発を受託。学生の身分のまま企業で働くようになりました。

このBASICインタプリタ事業が正式にリリースされると、開発企業とパートナーシップを結ぶためにMicrosoftを設立しました。

MS-DOSとWindowsの開発で一躍世界企業に

1980年代に、それまで企業や研究機関だけで使用されていたコンピュータを個人が持つようになるPC市場が勃興しました。大手IT企業であるIBMもPC市場に参入しましたが、短期間でPCに搭載するOSを開発することが難しかったため、MicrosoftにOSの開発を要請。MicrosoftはMS-DOSを開発して、IBM製のPCに搭載しました。

MS-DOSの普及を進める一方で、1985年に今日のPCの基本である画面上のポインターをマウスで操作し、様々なプログラムの起動やデータ処理を行う「GUI」を実現したOS「Windows」を発売しました。発売当初は伸び悩んでいましたが、1995年に「Windows95」が発売されると、世界的な大ヒットとなり一気にPCが家庭に普及しました。

2009年にはインターネットに接続したPCに搭載されるOSの90%がWindowsで占められ、ICT技術の普及と共にWindowsが世界に広まっていきました。

この過程の中でゲイツは巨万の富を得ましたが倹約家として知られており、得た富をワクチンの開発や教育・貧困改善などの慈善活動に投資しています

ビル・ゲイツが大切にしている「5つの習慣」

ビル・ゲイツが大切にしている「5つの習慣」

ビジネスにおいて大成したビル・ゲイツには大切にしている5つの習慣があります。
この章では、彼が大切にしている習慣をご紹介していきましょう。

1日7時間の睡眠時間を確保する

睡眠時間が重要なことは誰もが理解していますが、なかなか睡眠時間を確保できる人はいません。しかし、ビル・ゲイツはどれだけ忙しくても7時間の睡眠を確保しています。

睡眠は脳を休ませ、翌日のパフォーマンスを高めます。
しっかりと睡眠時間を確保して高いパフォーマンスを発揮し続けたことがゲイツの成功の要因の一つであることは間違い無いでしょう。

読書をする

ゲイツは読書を趣味としており、年間50冊の本を読むと語っています。年間50冊を多いと捉えるかどうかは人によりますが、ゲイツは毎日本を手に取り、本やノートにメモを取りながら集中して本を読んでいます

「毎日どれだけ忙しくとも、夜に1時間ほど読書をする」とも語っており、考えながら読書をすることが習慣になっています。
本のジャンルは様々で、良いと思った本はブログで紹介しています。ゲイツがどんな本を読んでいるか気になるのであれば、彼のブログサイト「ゲイツノーツ(Gates notes)」を検索してみましょう

瞑想する

ゲイツは先にご紹介した読書の習慣から、良いと思った本をブログで紹介する習慣を持っています。2018年に瞑想をテーマにした本を紹介し、実際にこの本をきっかけにして瞑想を実践しています。ゲイツは本の著者を瞑想のトレーナーとして招き、本人だけでなく家族も指導を受けています

「考える週」を確保する

ゲイツは多忙な日々を送りつつも、年に2回は必ず1週間程度の「考える週」を作っていました。この期間中には、仕事はもちろん家族とも連絡を取らずに自分と向き合い、マインドセットに集中します。
この習慣は30年近く続けられており、世界的な億万長者になっても継続しています。

皿洗いをする

ゲイツは多忙な日々を送りつつも、1日の最後には毎晩皿洗いをする習慣を持っていました。皿洗いをしつつ、自分の思考を整理していました
皿洗いは思考の整理や気持ちのリフレッシュに向いていることから、多忙な日々のクールダウンの役割を持っていたのかもしれません。

これまでの習慣に比べてハードルが低いので毎日の皿洗いの習慣を持っていない方は、取り入れてみても良いでしょう。

ビル・ゲイツの習慣を自分の生活に取り入れる方法

ビル・ゲイツの習慣を自分の生活に取り入れる方法

ご紹介したビル・ゲイツの実践している習慣を毎日行うというのは並大抵の努力ではできません。そこで、この章では習慣化を促進するための2つの方法をご紹介していきます

宣言する

習慣化するために最も有効なのは、宣言することです。
周囲に伝えることで自分の意思を示すと同時に、サボってしまいそうな時の抑止力にもなります。
宣言する相手は、自分が尊敬している人であればあるほど効果的です。上司や先輩など、仕事上で尊敬できる人に宣言することで、習慣化を身につけましょう。

チームを作る

2点目の方法は同じ習慣化を目指す仲間を見つけ、チームを作ることです。仲間がいると日々の努力の結果をお互いに報告できることからモチベーションを保ちやすくなります。
また、一種の宣言になるのでサボってしまいそうな心をとどめ、目標達成に向けて努力しやすくなります。

スミタイ向上委員長のまとめ

スミタイ向上委員長のまとめ

ビル・ゲイツは世界で最も有名なビジネスマンの一人ですが、多忙を極めるにも関わらず、しっかりと自分を成長させるための時間を設けていました。

ゲイツも若いうちはハードワーカーでしたが、30代からは自己成長やマインドセットのための時間を意図的に設けるようにしています。
早くから自己成長の時間を設けることでゲイツ以上の成長機会を作ることができます

体力任せの仕事方法ではやがて疲弊してしまいます。
ゲイツのように、限られた時間の中でも高い生産性と成果を出せるようなビジネスパーソンが本当に仕事のできるビジネスパーソンといえるでしょう。

ゲイツのような働き方に興味を持ったら、ぜひご紹介した5つの習慣を試してみてください。

株式会社スミタイでは採用活動がスタートしました。共に成長し、圧倒的な成果を出せるビジネスパーソンになりたいと考えている方のご応募をお待ちしております。ご興味をお持ちいただけた方はぜひエントリーしてください。

募集要項/エントリーはこちら

ENTRY