Twitter Instagram Facebook blog

世の中で頑張る成長意欲の高い人財と当社(株)スミタイを応援するために運営していきます!

「ゴジラ」松井秀喜の「社会人力」

アイキャッチ
スミタイ向上委員長
スミタイ向上委員長
「『君は真面目すぎる』という評価を変えたい」
「人格者として松井秀喜が評価されている理由は?」
「仕事ができて、人にも好かれるビジネスパーソンになりたい」

松井秀喜は「ゴジラ」の異名で人々から親しまれてきたプロ野球選手です。平成最高のスラッガーとも評価されており、日米のプロ野球で様々な記録を樹立してきました。

松井は人格者としても高く評価されており、真面目さと人間的な魅力を兼ね備えた理想的な社会人といえます

今回は、そんな松井秀喜の生い立ちと「社会人力」について紹介していきましょう。

この記事で紹介する内容は以下の3点です。

  • 松井秀喜の生い立ちと「ゴジラ」の活躍
  • メジャーリーグでも「ゴジラ」松井秀喜の活躍は続く
  • 松井秀喜の持つ「社会人力」とは

松井秀喜の生い立ちと「ゴジラ」の活躍

松井秀喜は、どのような少年時代を経てプロ野球選手となったのでしょうか。まずは、松井の生い立ちについて紹介していきましょう。

「ゴジラ」松井秀喜の少年時代と5打席連続敬遠

松井秀喜は1974年に石川県能美市で生まれました。3歳で自宅近くの保育園に入園しましたか「保育園史上最大の園児」と言われるほど大きな体格でした。
小学校では柔道と野球をしており、柔道では県大会3位で国体強化選手に選ばれるほどの選手でした。しかし中学校に柔道部がなかったことから野球部に入部し野球に専念。チームの中心選手として活躍すると、高校では県内の野球名門校である星稜高校に進学しました。

星稜高校では1年生から4番を務め「北陸の怪童」と評判で1年生から4番打者として甲子園に出場。高校3年生の春の選抜では甲子園球場のラッキーゾーンが撤去されて大会全体の本塁打数が激減したにもかかわらず、2打席連続本塁打や2試合連続本塁打をマーク。その風貌と圧倒的なパワーから「ゴジラ」と呼ばれるようになりました

最後の甲子園では2回戦の明徳義塾高校戦で5打席連続敬遠によって一度もバットを振ることなく敗退。プロ野球でも見られないような徹底したマークは物議を呼び、高野連が釈明の記者会見を開く社会問題に発展しました。

しかし松井は5打席連続敬遠をされている時も、試合後のインタビューでも冷静な受け答えに終始。周囲の喧騒をよそに淡々と結果を受け入れており、その紳士的な対応が評価を高めました。

1992年のプロ野球ドラフト会議で松井はこの年ナンバーワンのドラフト候補として選手4球団から1位指名を受けます。抽選の結果、巨人への入団が決定。この時の入団会見でも18歳とは思えない次のようなコメントを残しており、「(Jリーグの開幕により)サッカーや(若乃花・貴乃花人気の)相撲に小さな子供たちの関心が傾きつつあります。その中で僕は子供たちに夢を与え、球場に直接見に来てもらえるような選手になれるよう頑張ります」求められている以上の役割をこなしています。

入団後は、獲得を熱望した「ミスター」こと長嶋茂雄監督や球団の期待に応え、1年目からレギュラーとして活躍。入団2年目にはオールスターゲームで史上最年少の4番打者を務めるなど日本を代表するスラッガーとして認められるようになりました。

好打者ゆえ、ホームラン王がかかった試合での4打席敬遠や日米野球などで敬遠されるなど大一番で勝負を避けられてタイトルを逃したこともありましたが、そのたびに「甲子園の5打席連続敬遠より悔しくありません」と冷静な受け答えを行っています。

そして日米野球をきっかけにメジャーリーグに興味を持った松井は、イチローに続く2人目の日本人野手メジャーリーガーとしての挑戦を決断。巨人の慰留を断って海を渡りました。

メジャーリーグでも「ゴジラ」松井秀喜の活躍は続く

メジャーリーグでも「ゴジラ」松井秀喜の活躍は続く

松井秀喜は2002年に日本人最後の50号本塁打を放つと、そのシーズンオフにFA権を行使してメジャーリーグに挑戦しました。ここでは松井のメジャー挑戦について紹介していきましょう。

「ゴジラ」松井秀喜がニューヨークに

巨人の不動の4番打者として活躍を続けた松井秀喜はFA権を行使してメジャーリーグに挑戦。ニューヨークの名門球団ニューヨーク・ヤンキースと契約し、ヤンキース史上初のアジア人打者として注目を集めました。
本拠地開幕戦では5番レフトで先発出場すると満塁ホームランを放つ鮮烈なデビューを飾りました。その後、日本人メジャーリーガー初のサヨナラホームランやワールドシリーズのホームランなどのホームラン記録を次々と樹立していきました。

ヤンキースとの契約最終年となる2009年にはワールドシリーズ記録となる1試合6打点をマークしてヤンキースのワールドシリーズ制覇に貢献。日本人初のワールドシリーズMVPを受賞しました

そしてヤンキースとの契約を満了した松井は、2010年にはロサンゼルス・エンゼルス、2011年にはオークランド・アスレチックス、2012年にはタンパベイレイズとマイナー契約を結び、2012年のシーズン限りで引退を決意。海を渡った「ゴジラ」は日本球界に戻ることなくキャリアを終えました。

松井秀喜の持つ「社会人力」とは

松井秀喜の持つ「社会人力」とは

松井秀喜は一流のアスリートでしたが、同時に人格者として多くの選手や監督から信頼されていました。そこで、松井がこれほど信頼を寄せられる理由に迫ります。

誠実さとノリの良さを併せ持つ

松井秀喜は、一流のスラッガーとしての評価だけでなくその人間性がチームメイトやマスコミからも高く評価されていました。アスリートの中には人に対する好き嫌いが激しかったり、自己中心的な言動が目立つアスリートも存在しますが、松井は超一流のアスリートながら人格者としても評価されており、特にマスコミやファンへの対応には定評があります。

多くのアスリートは一流選手になるとマスコミからの撮影ポーズの依頼を断ることが増えますが、松井は一流選手として活躍するようになっても「マスコミの背後にはファンがいる」と取材を受け続けました。松井は巨人所属時の契約更改は決まってクリスマスの日でしたが、マスコミがサンタクロースの衣装などの小道具を持参すると笑顔で着用して撮影に応じていました。

このように、相手によって態度を変えることなく向き合う姿勢は日本プロ野球界でもメジャーリーグでも評判で、そのうえでノリの良さも併せ持つ松井は非常に社会人力が高い魅力的な人物といえるでしょう。

松井を人格者に育てた教育と「悪口を言わない」「道具を大切にする」

松井秀喜は、宗教家の一家に生まれたことから幼い頃から大人と同じような接し方をされてきました。子供扱いされることなく、常に一人の人間としての立ち振る舞いを求められたことが彼の精神を早く成長させる一因になったのは間違いないでしょう。

中学校に進学すると、友人の悪口を父親に咎められ「これからは一生人の悪口を言わない」と誓い、その約束は大人になっても守られています。

このように、幼少期からしっかりと人格形成ができていたからこそ、甲子園での5打席連続敬遠にも動じず、常に冷静で紳士的な言動をとることができるのでしょう。

また、グラブやスパイクなどの野球用具を大切に扱っていることでも有名です。特にグラブは野球を始めた時から毎日磨いており、ニューヨーク・ヤンキースのジョー・トーリ監督も「彼ほど道具に対してリスペクトを持っている選手は見たことがない」と評価しています。

「悪口を言わない」「道具を大切にする」と文字にするのは簡単ですが、それを徹底して実践できる人物は限られています。このような松井の立ち振る舞いは小・中学校の道徳で取り上げられるほどで、2013年には長嶋茂雄氏と共に国民栄誉賞を受賞するほどの評価を受けました。

スミタイ向上委員長のまとめ

スミタイ向上委員長のまとめ

松井秀喜は平成を代表する大打者として活躍し、日米プロ野球界のレジェンドとして今なお語り継がれています。松井の評価はアスリートとしての成績もさることながら、人格者としての評価も高く、道徳の教科書に取りあげられるほどでした。

そして、ビジネスパーソンとして学ぶべきは彼の「ノリの良さ」です。真面目で仕事熱心な上にノリが良い松井に信頼を寄せるチームメイトや監督は多く、社会人として理想的な立ち振る舞いを見せているといっても良いでしょう。

仕事で成果を出すだけでなく「信頼される」「愛される」といった評価を得るためには、人間的な魅力が欠かせません。特に最近の若手ビジネスパーソンは仕事に対して熱心に向き合いすぎて人間性が伝わらないケースがあります。ノリの良さや自分の内面を見せることで、人間的な魅力が伝わることもあります。

ぜひ皆さんも仕事ができるという評価だけでなく、社会人力でも評価されるようなビジネスパーソンを目指してください。その力は、いつか人の上に立った時に自分の大きな財産となるでしょう

今月もたくさんのご成約を頂き感謝申し上げます。
引き続き買取の方も積極的に行っておりますので、不動産仲介業者様もお気軽にご連絡ください!!

募集要項/エントリーはこちら

ENTRY